pcoskanpoukikanai多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療薬の1つとして漢方が使われることがあります。

効かないという意見もあるのですが、実際はどうなのでしょうか?また、漢方薬はどんな種類があるのかご紹介していきます

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)には漢方が効かない人もいる

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)には西洋の治療薬や漢方薬と、医師の判断や患者の状況で決めていきます。
ただ、多くがクロミッドなどの排卵誘発剤で治療をはじめ、排卵しないようであれば、強い薬に変わっていきます。 それでも、排卵しなければ、注射や手術、体外受精などに移行していきます
その治療の間に、不妊治療が長いため、薬を変えるためにも漢方薬に変えてみるという人もいます。それで妊娠できたという人もいますし、排卵誘発剤と併用して漢方を使っているという人もいます。

●漢方は、体質改善に使うことが多く、血流をよくしたり体を温めたりすることで、卵巣機能をよくし、排卵しやすい状況をつくります。
●西洋の薬は、脳下垂体に刺激を送ることで排卵しやすくしたり、直接卵巣に働きかけたりと、排卵そのものに作用します。

つまり、直接的か間接的かという違いで、やはり、重度の多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)となると漢方だけでは難しくなり、長期的になってしまうことがあるかもしれません。
そのため、漢方が効かない人もいるということになるのですが、自然に任せたいという考えならば、漢方でもいいのではないかと思います。
ただ、治療薬よりは時間がかかることが多いです。
とはいえ、不妊でストレスが溜まり、薬もやめて妊娠のことを考えなかったら妊娠したという話もあるので、妊娠にはリラックスも大事な要素なので、漢方だから効かないということもないのではないかとも思います。

漢方にはたくさんの種類がある

では、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で妊娠したいというときに使われる漢方薬はどのような種類があるのでしょうか?

中医学的には、「卵巣の周りにお血や痰湿が付き卵巣膜が硬くなっている」と考えられています。

温経湯(うんけいとう)
血流をよくし、身体を温め、ホルモンのバランスを整える。生理不順や生理痛にもおすすめ

参考サイト:ツムラ106

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
血流を抑止、体の冷えを取る。卵巣の表面が硬くなるのを和らげる

参考サイト:ツムラ当帰芍薬散 

柴苓湯(さいれいとう)
クロミフェンと併用すると、80%以上の人が排卵するようになったとも言われています
ホルモンバランスを整える作用

参考サイト:ツムラ114

不妊治療にはいろんな方法があるので試してみること

不妊治療には、西洋の治療と東洋の治療があります。
どちらがいいというのはなく、自分の体に合う治療が必要になってきます。医師と相談しながらいくつか試してみるといいでしょう

西洋医学は、根本治療をするというよりは、妊娠ができるようにするために、排卵を誘発させることが大事になってきます
東洋医学は、まず根本治療をしてから、妊娠しやすい体作りをするということです

漢方が効かないというわけではなく、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に関しては、程度によって変わってきますが、漢方での治療は長引くことがあります。
そうなると、妊娠するのにも年齢が関わってきますから、治療プランを決めていかないといけません。 ある年齢になれば、西洋医学で治療していくことも考える必要が出てくる場合もあります