葉酸は、胎児の発育を正常にするためにも、妊娠前から妊娠初期に特に服用するといいと言われています。厚生労働省も推奨しています

ベジママはどうなのでしょうか?ベジママは、妊娠しにくい体を妊娠しやすい体質に変えてくれるサプリメントです。

つまり、葉酸サプリとベジママは飲む時期が違うということです。ベジママサプリの効果と、飲む時期を詳しく説明していきます

 

葉酸サプリのベジママは妊娠前のケアに

葉酸は、1日に必要な摂取量400μgといわれています。

1日に必要量を配合しているベジママですが、目的が違います。

葉酸は、卵子の質もよくなると言われていますが、

どちらかというと、胎児の発育を正常にするために、

妊娠前から体内に摂りいれておくといいという目的があります。

 

ベジママには、ピニトールが配合されており、血糖値が高めなため、排卵障害が起きている女性に効果があります。つまり、妊娠しやすい体作りをするためのサプリなのです。

 

また、妊娠しづらい人は、カイロイノシトールが不足していることが多く、ピニトールは、体内に入るとカイロイノシトールに変換されるため、カイロイノシトールの不足を補充することができます。結果的に、妊娠しやすい体になるということです

 

女性の体はデリケートですから、原因不明の不妊という場合も多いのですが、ニキビが多かったり、肥満体型ぎみだったりと、男性ホルモンが多い傾向であれば、ベジママサプリの方が効果を実感できます。

 

ベジママは、妊娠しやすい体作りを助けるサプリ

●高めの血糖値を下げる働き

●排卵障害や、生理不順などを正常にする働き

●カイロイノシトールを補充する働き

●男性ホルモンを抑える働き

 

ベジママはピニトールやアイスプラント配合

ベジママは、妊娠するまでの体作りと書きました。その理由は、配合成分であるピニトールやアイスプラントにあります

ピニトールは血糖値を下げる働きがあるため、糖尿病傾向にある人にもおすすめのサプリです。

さらに、アイスプラントは、とても栄養が豊富です。

血液をサラサラにしたり、

脂肪の蓄積を抑制したりするため、

妊娠前の健康な体作りもできます。

 

結果的に健康な体が、胎児にもいい栄養を送ることができますから、妊娠前から体は万全に整えておくといいです。さらに、産後の体力回復にもなりますし、子育ての体力もいりますからね

 

ピニトールの効果について【詳細はこちら】<<<

健康的な体にするアイスプラントの効果がすごすぎる【詳細はこちら】<<<

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に特に効果のあるベジママサプリ

ベジママサプリを愛用者には、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が多くいます。それは、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に一番効果が出やすいサプリだからです。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の原因は、

血糖値が高いために排卵障害を起こし、

排卵しづらい体になっているということです。

つまり、血糖値を下げることができれば、排卵も正常になりやすいということになります。

ただ、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、ほとんど完治しないといわれていますが、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状を和らげることはできます

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、妊娠を希望する場合は、基本的に排卵誘発剤を利用して排卵を促進させます。

 

妊娠できないのではないか?という悩みも抱えているのですが、自然妊娠している人もいますし、排卵誘発剤で妊娠できたという人もいます。

しかし、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が重度になると、治療にも時間がかかるため、妊娠しにくくなってきます。

 

ベジママは、生理不順で妊娠しないため、病院に行かずに(不妊治療せずに)、妊娠したいという人が利用していたり、葉酸サプリでは妊娠しないので、ベジママに乗り換えたという人もたくさんいます。

 

また、私めぐママのように、排卵誘発剤と併用してベジママを使い、妊娠することができたという人もいます。

葉酸サプリとベジママは飲む時期が違う

葉酸サプリの多くは、妊娠前から妊娠中(特に、妊娠初期)までが、主な飲む時期ですが、ベジママは、妊娠前が一番ベストな飲む時期です。

 

もちろん、ベジママは、十分な量の葉酸を配合しているめ、胎児の発育のために利用することも可能ですが、 ベジママには鉄分、カルシウムが配合されていません から、妊娠すると胎児にも栄養を送るため不足することもあります。

鉄分・カルシウムを配合していない理由に、

コスパをよくするためというのが1つあります。

そして、ピニトールやアイスプラントの効果を最大限発揮させるように作られています

 

値段が高いと毎日続けることができませんし、

妊娠前の体作りとしてのサプリを目的につくられているので、

妊娠できるようにするサプリとして開発されています。

 

妊娠すれば、ベジママをやめて違う葉酸サプリにするか、もしくは、ベジママの姉妹品である「葉酸サプリ 鉄・カルシウム+」を飲むと安心して妊婦生活が送れます。

「葉酸サプリ 鉄・カルシウム+」の詳細はこちらへ<<<

 

妊娠中に血糖値が高めに出る人は、ベジママを服用するのもオススメです。妊娠糖尿病になってしまうと、母体や胎児が危険にさらされることもありますから、妊娠中は野菜を先に食べたり、甘いものを控えることで、血糖値が急激に上がることを防げます。

 

妊娠糖尿病になると大変!【詳細はこちら】<<<

 

赤ちゃんがほしいけど妊娠しないのであれば、ベジママを利用してみるのもおすすめですよ。

 

排卵障害であれば、妊娠しやすくなることが多いです。葉酸サプリは、卵子の質がよくなったり胎児の成長過程に必要といわれていますが、排卵障害を改善する効果はありません。

ベジママは、生理不順や無排卵傾向にある人、婦人科系トラブルがある人には向いているサプリです

妊娠しやすい体作りができるベジママサプリ【詳細はこちら】<<<