himanhairansyougai

太っている女性は、実は生理不順や排卵障害が多いんです。病院で治療せず、放置している人もいますが、ダイエットをすることで排卵しやすい体になります

肥満と排卵障害の仕組みをご紹介していきたいと思います。BMI数値25以下になるようにまずは体重を少しづつ減らしていきましょう

 

肥満が排卵障害を引き起こす?

肥満はどうして排卵障害を起こすのでしょうか?ただ、痩せていれば妊娠しやすいというわけでは、実はありません。

 

肥満が排卵障害になりやすいのは、脂肪細胞は、女性ホルモンの分泌を増やしてしまうからです。女性ホルモンがたくさんあると、脳からのホルモン分泌指令が行われないため、卵巣が働かず排卵する支持がでません。その結果、排卵障害となるのです。

 

では、痩せていたほうがいいのか?と思い、極度なダイエットをしようとするかもしれませんが、痩せすぎもいけません。痩せすぎると、生命の危機にさらされると体は認識し、生殖機能を働かせるよりも命をとります。

そのため、一番、バランスがいいのがBMI数値が22です。ややっぽっちゃり目ではありますがBMI22が妊娠しやすい体型です。そして、流産しにくい体型でもあります

 

肥満はPCOSの症状の1つ

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)というのは、排卵障害の1つなのですが、インスリン抵抗性がある人が多いため、肥満になりやすいといわれています。

 

インスリンについてはこちら<<<

 

甘いものをたくさん食べることで、インスリン抵抗性が起こり、インスリンの分泌量が増えるため、男性ホルモンが多く分泌されます。男性ホルモンが多いということは、排卵しにくいということにつながります。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は進行性であるため、年齢が進んだり、肥満が危険度を増すとさらにPCOSも悪化していきます

参考サイト:https://www.jstage.jst.go.jp/article/endocrine1927/72/4/72_655/_pdf

taijyuwoherasuseiri

まずはBMI25以下にすること!

体脂肪はよく聞く言葉かもしれませんが、妊娠に関係するのは、BMIです。

自分のBMI数値を知っていますか?

BMIをチェック:http://baby.mikihouse.co.jp/preparations/bmi-checker/

BMI=体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}

160cmの身長で

   体重50kg  19.5

   体重60kg  23.4

   体重70kg  27.3 

 

19~25が標準となり、22が一番妊娠しやすいといわれています。

BMI25以上は肥満になります

体重が気になる人ですと、まずは、BMI25にすることをめざしましょう。

 

肥満だと排卵誘発剤が効かないことも!

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状の人は、排卵障害がある人が多いですから、妊娠するために排卵誘発剤(クロミフェンなど)を服用することがあります。

1日に150mgのクロミフェン服用しても、排卵しないことがあるのですが、これは、太っていることで治療薬の効果が現れないという場合があります

 

今の体重の5%程度でも落とすだけで、薬の効果がでやすくなることもありますから、少しずつでもダイエットをすることも大事です

体重が落ち着いてくると、排卵誘発剤を使わずに、自然に排卵することも出てきたりしますし、また、インスリン抵抗性が緩和されてくることもあります。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、体質で遺伝の可能性もある

10代の思春期に、ぽっちゃり体型だったり太っていた人は、脂肪が体についたままになっていることがあります。

また、もともと遺伝や体質で男性ホルモン(アンドロゲン)が多いと、肥満・多毛・ニキビがでやすいこともありますし、インスリンが高めだったりすることもあるようです。

しかし、この要因だけでなく、生活習慣も大きくかかわってきます

 

バランスのいい食生活を心掛け、よく噛んで食べ、白砂糖を甜菜糖やメープルシロップに変えるなど、注意していくことで、体に負担をかける急激なダイエットではなく、徐々に緩やかに体重を落としていくのがベストです

ダイエットがストレスになることで、活性酸素が発生し、卵子の老化にもつながることがありますし、さらにストレスによってホルモンバランスをくずすことにもなりかねません

 

血糖値が上がりやすいならサプリメントもおすすめ

血糖値が上がりやすいときは、医師の判断のもと、糖尿病の薬を処方されることがあります。

これを服用することで血糖値がコントロールでき、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状緩和につながり、排卵しやすい体になることがあります。

しかし、薬を使うのも抵抗があるし、まだそこまで悪化していない感じであれば、

まずは、サプリメントで様子を見てもいいのではないでしょうか?

 

血糖値をさげるといわれているのが、ピニトールという成分です。

ピニトールはアイスプラントやイナゴマメという植物から抽出されているため、体に負担になりにくいんです。さらに、ピニトールサプリには葉酸やビタミンなども同時に摂取することができるので、まずは、手軽に始めてみてもいいと思います