生理が来ないから、病気かもしれないと、

病院で診てもらうと多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断される人は結構たくさんいます。 

 

3ヶ月以上生理が来ないと、不安になってくる人が多く、病院に診てもらい診断されています。生理はこないけど、病院に診てもらうのが面倒だったり、仕事で忙しく時間がとれなかったりで、なぜ生理がこないかを知らないという女性も中にはいます。

生理が順調にきていたのに、PCOSと診断され落ち込んでしまうこともあるでしょう

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)になると、妊娠できるの?改善方法ってあるの?と疑問に思うと思いますので、気になることを説明していきます

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは

生理がこなくて、受診すると多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断され、ピルを処方されたり、排卵誘発剤を出されたりと、なにが悪いのか詳しく説明を受けなかった人もいると思います。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は病気ではなく、症状です。診断基準の1つとして、月経異常があります。

無月経、揮発月経、無排卵などがあり、そのほかにも、卵巣に卵子がたくさん残ってしまい排卵されていなかったり、男性ホルモン値が高いなどがあります。

 

PCOSの診断基準や症状の詳細はこちら<<<

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、本的に完治は難しいですが、症状を改善することは可能です。

生理が来なくて心配になっているでしょうが、妊娠希望でない場合は、ピルを服用することで、生理周期を安定させていきます。

 

PCOSでピルを処方されたなら【詳細はこちら】<<<

 

子宮内膜(生理)は、受精されなければ、毎月、経血を排出しなければいけません。

生理が来ないということは、経血が子宮内に残ってしまうことにもなります。それは子宮にも負担になり、ガンなどの病気が発症する可能性もあります。

そのため、ピルの服用が必要になってきます。ただ、ピルは副作用が出る人もいるので注意が必要です

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で生理が来なくても妊娠できるの?

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だと妊娠ができないのではないか?と、悩む人もいるのですが、実際は、体質によるところではあります。

絶対に妊娠できないというわけではありません。自然妊娠している人もいます。

ただ、その場合は、たまたま排卵が起きた時に受精できたということが多いため、妊娠しづらい体質ではあります。

 

また、妊娠したため、産婦人科を受診し、内診で卵巣に卵子(卵胞)がたまっているなどがわかり、実は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だったということが発覚することもあります。

 

そのような人は、軽度のPCOSで、生理も大きく乱れていなかったりするため、婦人科系トラブルがあるという自覚症状がないんです。このようにPCOSでも、自然妊娠はできるのです。

 

卵巣機能は正常に働いており、排卵がうまくできないので、排卵ができれば、妊娠しやすくなります

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の排卵障害を緩和する成分「ピニトール」

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の主な原因は、血糖値が高いために排卵障害がおきていることです。

そのため、婦人科での実際の多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療は、妊娠を希望するのであれば、排卵誘発剤を使用します。また、糖尿病のように血糖値を下げる薬を使うこともあります。

私めぐママも実際に、10代のころから生理が3カ月以上来ないことが多く、32歳で結婚後、やっと、病院へ行くことに決め、婦人科で排卵誘発剤を使って治療していました。

その時に併用してピニトール配合サプリを使っていたのですが、ピニトールを使ってから、4か月目に妊娠にいたりました。

 

自然妊娠というわけではありませんでしたが、妊娠できたことはとてもうれしかったです。生理が来ないから妊娠できないわけではありません。

ピニトールは、血糖値を下げる働きをしています。血糖値を下げることで排卵しやすく妊娠しやすい体作りができますので、PCOSの改善に役立ちます。

 

また、妊娠しづらい人は、カイロイノシトールという成分が不足しています。ピニトールは体内に入ると、カイロイノシトールに変換されるため、不足しているところを補充することができるため、妊娠する確率が高くなります

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、完治は難しいですが、ピニトールサプリは妊活の1つの方法として摂りいれてみてもいいのではないでしょうか?