ransinosituteikamerathonin

メラトニンといえば、睡眠時に必要なホルモンですが、これが最近の研究では、卵子の質をよくするというのです。このメラトニンホルモンを知ることで、妊娠しやすい体に近づくことになります。メラトニンと同じ作用であるトリプトファンを利用するのもおすすめです。

では、詳しくメラトニンと卵子の質について説明していきます

 

メラトニンの働きとは

メラトニンは、眠りを誘う働きがあり、脈や体温が下がり、睡眠の準備をします。

朝の光を浴びると、体内時計がリセットされ、活動モードになります。活動モードになると、メラトニンの分泌は減るので、眠気が減り活動しやすくなります。 

メラトニンは、朝の目覚めから、15時間前後でメラトニンが分泌され始め、就寝前の1~2時間に大量に分泌されます。

メラトニンは、眠りを誘う働きなのですが、それ以外に、細胞を酸化(老化)させないようにする抗酸化作用の働きがあります。アンチエイジング効果ですね。また、疲労回復や病気の予防にもかかわっています。

免疫細胞のNK細胞を活性化させる働きがあるため、免疫力がUPしやすくなります。つまり、がん細胞の進行を抑えることができる可能性もでてきています

メラトニンは、10歳ごろが分泌のピークといわれ、あとはどんどん減少していき、60歳ごろにはほとんど作られません。つまり、年齢ととともに、長く寝ることが難しくすぐに目が覚めてしまったり、朝が早かったりするのはこのためです

なぜメラトニン不足になるの?

メラトニンが不足する原因はいくつかあるのですが、不規則な生活や明るいライトをつけたままなどで、寝る準備ができないため、メラトニンが分泌されにくい環境にあるということになります。

そして、もう1つは、セラトニン不足です。セラトニンは、メラトニンと逆で昼間に活発に分泌されるのですが、過度なストレスに弱く、セラトニン不足が起こります。セラトニンとメラトニンは連携しているため、セラトニンが不足するとメラトニンも不足してしまいます。

PCOSは睡眠障害の人も多い

suiminsyougaipcos

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は排卵障害の1つなのですが、睡眠障害をもっている人が多いといわれています。

イギリスのある調査では、PCOSとPCOSではない人を対象に睡眠状況を調査しました。

PCOS持ちには、睡眠障害の人が多かったという結果がでたそうです。

 

メラトニン分泌異常・低下 ⇒ 睡眠障害、細胞の酸化 ⇒ ストレスがかかりホルモン異常

 

PCOSの人は、昼間でも、メラトニンが高いことが多いようです

インスリンは、メラトニンと逆に分泌されるのですが、メラトニンが昼間に多いということは、インスリンの分泌が少ないということになります。つまり、血糖値が高くなりやすいということになり、PCOSの症状の1つとなります。

 

PCOSの症状についてもっとしりたい<<<

 

 

メラトニンを補充することで卵子の質もよくなる

メラトニンは、抗酸化作用があるため、卵子の老化を遅らせてくれます。その結果、卵子の質が良くなるということになります。また、卵巣にある卵胞にもメラトニンが存在し、卵子が酸化しないようにしているのですが、年齢が進むにつれてメラトニンが減少するため、卵子が老化する確率が高くなるのです

では、メラトニンをサプリで補給すればいいのではないか?と思うでしょうが、現在日本では、メラトニンは認可されていません。そのため、個人輸入でサプリメントを利用している人もいるのですが、メラトニンはホルモンでもありますから、副作用がでることもあり危険な場合もあります。

トリプトファンサプリを利用してみては?

メラトニンサプリは手に入りにくいこともあるので、トリプトファンを取り入れることをおすすめします。

トリプトファンは、メラトニンとどう関係があるのかというと、トリプトファンが体内に入ると、メラトニンに変換されるのです。

トリプトファンは、体重1kgに対して2mg必要で、1日の最大量は、5000mgです

つまり、体重50kgで、トリプトファン100mgということになります

これは、実際に食べるのであればバナナ10本以上の量になります。

 

トリプトファンが多く含まれている食材に、

●うどんやそばなどの麺類

●大豆や豆乳、あずき、などの豆類

●アーモンドやくるみなどのナッツ類

●バナナ、アボカドなどの果物

●マグロやエビなどの魚介類

●肉類

つまり、いろんな食材を摂り入れる必要があるということです。

しかし、小麦類は食べ過ぎると腸に負担がかかりますし、肉類が多いとコレステロールや中性脂肪が気になりますから、規則正しい食生活がおすすめです。

 

食材から簡単に摂れるからと言っても、卵子の質をよくするほど、1日に十分な量は摂取できません。

そのようなときには、トリプトファンのサプリメントを利用するのもいいです。

トリプトファンサプリメントの禁忌としてセロトニン阻害薬を服用している人や妊娠中の方は利用できません

 

睡眠障害と不妊があるようであれば、食生活を改善してみるのもいいですし、サプリメントを使ってみるのもいいです。ストレスも不妊の引き金になりますから、ストレス解消しながら症状が緩和するといいと思います

pcosjittaikenreviewhanasi