生理不順で、婦人科を受診すると多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断された。

その時は妊娠希望ではなかったため、ピルの処方で治療を続けていた。

そして、妊娠したいと思い、ピルをやめたが、排卵が正常にならず、排卵障害のまま・・・。

 

ピルは多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状を改善できないのでしょうか?多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療にどうしてピルを使うの?また、排卵しやすいサプリメントをご紹介していきます

 

ピルは卵巣を休め、ガン予防のため

ピルは卵巣を休めるためにも効果はあるのですが、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が治るというわけではありません。

生理不順や生理痛がヒドイのであれば、卵巣を休めることも必要です。

ピルによって、排卵を止め、生理周期を正常にすることができ、子宮内膜(経血)が減ることで、生理痛の緩和にも効果があります

そして、男性ホルモンの分泌が多くなっているPCOSの人は、ピルを使うことで、男性ホルモンを抑制することができます

 

卵巣休めるというのは、ピルによってホルモンが分泌されていると脳が勘違いするため、ホルモン分泌の指令を出さないため、卵巣が働かなくてすむのです。

卵巣が働き続けるデメリット

卵巣が働き続けることで、卵巣が傷つき、

悪性腫瘍が発生しやすくなり、卵巣がんの確率が高くなります

 

通常の生理で子宮内膜が剥がれ落ちるのを、

ピルによって子宮内膜を少なく出きるため、

子宮体がんのリスクが減るといわれています。

 

昔の人は、子供を産む人数がとても多かったです。そのため、生理がある回数も少なく、妊娠中は卵巣がお休みをしているので、婦人科系の病気が少なかったのです。

現代社会では、女性も仕事で忙しく、妊娠したことがない人も多いです。その結果、婦人科系のガンが多く発症してきています

現代に合った方法がピルを使うということに発展していったのです。

 

ピルは保険適用するの?

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で使う、ヤーズやルナベルのような低用量ピルは、保険適用外のため、自費で1カ月3000円程度です。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は病気ではなく、状態であるため、

治療のためにピルを使うとはいえ、子宮内膜症などの病気の治療でない限り保険適用されません。

妊娠希望時に排卵誘発剤を使用

ピルを一生飲み続けるのではなく、妊娠したい時期にくると、ピルを中止し、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の多くは、排卵誘発剤などで、排卵を促す治療をすることになります。 

卵巣機能は正常に働いているが、排卵がうまくいかないので、排卵しやすいようにすれば、自然妊娠の確率も高くなります。

また、排卵は不定期でまれに起こる場合は、そのときにたまたま受精し、妊娠に至ることもあります。

そのため、「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は妊娠できない!」と、落ち込まないでくださいね。妊娠できないわけではありません。ただ、妊娠の確率は低いです

また、ピルを服用することで、卵巣が元気になるため、ピルを止めた後の卵子は受精しやすいといわれています。

 

PCOSの治療方法はピル以外にもあるのか?

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)治療方法は、いくつかありますから、その時の年齢や状況、また、体に合った治療をすることが必要になってきます。

PCOSの診断基準や治療方法とは【詳細はこちら】<<<

排卵しやすい状態にするには

ピルでの治療も卵巣を休めることができ、効果があるとされているので利用するのはいいのですが、人によっては副作用もあるといわれています。

ピルは血栓症の確率が高くなるため、薬を飲み続けるのは、抵抗があるという人もいます。

副作用として不正出血や吐き気、頭痛、むくみ、太るなど症状は様々ですが、これは、薬でホルモンを分泌したわけですから、身体が慣れるのに時間がかかるためともされています。

ピルの服用が心配なのであれば、サプリメントで体質改善をするのもおすすめです。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)にはピニトールが有効と聞いたことがあるかもしれませんが、ピニトールを摂取すると、血糖値が下げられ排卵しやすくなります。

ピニトールは、最近注目をあびている成分で、今までは、海外で主に使われていたので、国産のものはとても少ないです。

 

今は、国産で安心・安全に作られ、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を改善し妊娠しやすい体作りを目的に作られたサプリがあります。 

これは、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を治すわけではありませんが、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の一番の原因である血糖値を下げてくれます。

血糖値が高い傾向にある多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)持ちの人は、

男性ホルモンが多く排卵障害を起こしています。 

ニキビが多かったり、太っていたり、多毛という症状が出ている場合もあります。

サプリメントは、排卵障害の緩和や、それ以外にも妊娠するための体作りができる栄養成分がたくさん配合されています。ピルをやめても妊娠しづらいのなら、ピニトールサプリを試してみるのもいいです。

実際、私めぐママは、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療のために排卵誘発剤を服用しましたが、併用してピニトールサプリを利用しました。そのおかげで、妊娠することができました。