ピニトールが不妊に効くと聞いたけど、根拠はあるの?と、疑問に思うかもしれません。

ピニトールがすべての不妊に効果があるというわけではなく、不妊の中でも20%程度の女性が患ってる多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状が改善しやすくなります。 

また、不妊の原因の1つである、カイロイノシトールの不足がピニトールによって補充されるということも不妊に効果があるという根拠です。

ピニトールを摂取することで不妊がどのように改善するのかをご紹介していきます。

 

ピニトールは不妊症を改善する1つの方法

ピニトールは不妊症や妊活の人には、妊娠しやすい体作りができる1つの方法です。

ピニトールを利用すると必ず妊娠するというわけではありませんが、妊娠しやすくなり、「実際に妊娠できた!」や、「排卵障害が改善した」という評価があります。

不妊の原因の1つに排卵障害

不妊の原因は、着床がしづらかったり、卵管閉塞、子宮筋腫、子宮頚管炎などや、また男性不妊というのもあります。

また、原因不明で妊娠できず悩んでいる人もいます。

不妊の理由はたくさんあるのですが、その中の1つに、排卵障害があります。

 

排卵障害には、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という症状があり、不妊の20%の人が、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状を持っています。

 

軽度で自覚症状がない人もいますし、妊娠して内診をすることで初めて、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断される人もいるため、実際にはもっと多くの女性が多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で、不妊だと思います

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは

POCSは、排卵障害であり、その原因が血糖値が高めで男性ホルモンが多くなり、卵子(卵胞)が排卵できず、卵巣にたまっていく症状のことを言います。

 

生理不順や生理痛などが起こることが多いです。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が軽度な人は、生理も正常で問題ないのに、不妊ということもあります。 

婦人科で診てもらい始めて、PCOSと診断されます。その診断基準が決められているのですが、日本人の場合は、欧米人ような症状が出にくいこともあります

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)診断基準とは<<<<

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)ではない人も

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)じゃなくても、通常よりも血糖値が高めだったり、男性ホルモン値が高めにでることで排卵しにくい状態かもしれません。

これは、病院で血液検査やエコーなどで検査してもらわなければわかりません。

病院へ行きたくなかったり、忙しくて病院に行く時間が取れない人が、男性のように毛深いや、肥満、ニキビが多い、また生理不順や排卵が正常でなく、不定期でたまに排卵される、ホルモンバランスが崩れていると感じるのならば、妊娠しにくい体になっています。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)持ちの人は、排卵障害で自然妊娠は絶対無理というわけではなく、まれに排卵されることがあるため、その時に妊娠することがあります。 卵巣機能は正常なので、排卵されれば、妊娠することができます。

雑誌でも取り上げられているピニトール

ピニトールが多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善に役立つと、雑誌やネットのメディアで話題となっています。

アメリカでは以前から、ピニトールを多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療に使っています。

 

 

日本はまだまだこれから広まっていくと思いますが、今は国産のピニトールサプリは3種類程度です。

ピニトールが不妊に効く根拠

ピニトールは、ホルモンバランスを正常にし、排卵しやすい環境にしてくれます。

血糖値が高いと排卵しにくくなります。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を改善するのではなく血糖値を下げることで排卵しやすくなり、結果的に妊娠する確率があがるというものです。

さらに、ピニトールは、体内に入るとカイロイノシトールという成分に変換されます

このカイロイノシトールが含まれる野菜はとても珍しいです。

不妊の人は、カイロイノシトールが不足している傾向にあるため、ピニトールサプリを摂り入れることで、妊娠しやすい体作りができるというわけです

不妊治療と併用してピニトールサプリを摂取

不妊治療をしている人でもピニトールは摂取できます。

ピニトールサプリを服用したことで、「卵の質が良くなった!」や、「排卵が正常になったきた!」という口コミもありますから、病院で多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の診断、もしくは不妊治療中なのであれば、ピニトールを同時に摂りいれてみてください。

食べ物から抽出していますから、用法・用量を守れば、基本的には副作用もありませんし、治療薬との併用は問題ありません。気になるときは医師に相談してください。 

まれに、どのサプリメントでもそうですが、薬効が薄らぐことがあります。

 

生理不順があったり、赤ちゃんがほしいけど妊娠しないな~というときは、ピニトールを試してみてくださいね。 

不妊の原因はいろいろありますから、自分の体にあった方法を見つけることが大事です