pcosheikeiosoihayai

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、排卵障害の1つですが、卵巣に卵子がたくさん溜まるため、更年期に起こる閉経は遅くなるのでしょうか?早くなるのでしょうか?

私が、いくつか調べた結果は、実際は解明されていないということです。

遅くなったと感じる人もいれば、早くなったと感じる人もいる、また、特別違いはなかったという人もいるので、PCOSだから更年期の時期が違うというのは関係ないようです。

ただ、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に関係なく卵子の状態や生活習慣によって変わってくる可能性はあります

閉経の時期の特徴と傾向を調べましたので、参考にしてくださいね

 

更年期の閉経の平均年齢とは?

更年期の時期は、おおよそ45歳~55歳です。

閉経の平均が51歳と言われており、その前後10年が更年期です。

・早発閉経(早発卵巣不全)⇒ 40歳未満  

・若年性更年期障害 ⇒ 40歳未満

・早期閉経 ⇒ 45歳未満

・遅発閉経 ⇒ 55歳以上

 

今まで女性ホルモンの分泌によって、身体の健康維持が保たれていたのが、更年期に入ることで、ホルモンバランスが崩れ、月経不順や体調不良、病気などが急にでてきます。

更年期障害もこの時期に出てくることが多いですが、これは、人それぞれ軽度から重度の人までいます。まったく更年期障害の症状がない人もいれば、のぼせ、大量の汗、頭痛、めまい、だるさなど不調が出る人もいます

pcosheikeikaimeisaretenai

閉経の仕組みとは

閉経するということは、排卵しなくなったということです。つまり、卵巣に卵子がなくなったためです。

卵子は、女性が胎児のときにすでにできており、出生時に原子卵胞は約200万個ですそれから増えることはなく、減っていくだけです。排卵をすることで、どんどん減っていきます。

残卵数が約1000個程度になると排卵しなくなり、閉経となります

 

閉経の仕組みを簡単に説明しましたが、閉経が早い人と遅い人の特徴がいくつかありますので、ご紹介いたします。ただし、私めぐママが独自に調べたことをまとめていますので、これに必ずしも当てはまらないことも多いので参考程度にしてくださいね

閉経が早い人の特徴

●妊娠したことがない

 ⇒ 妊娠中は、排卵が止まるため、妊娠したことがないと、生理の回数が出産経験がある人よりは多いため、排卵回数も必然的に多くなる

●生理周期が早い

 ⇒ 生理の回数が多いということは、排卵もその分多いということ

●不妊治療

 ⇒ 排卵誘発剤を使って排卵させるため、排卵数が多いことがある

●生理不順が思春期から続いていると、卵巣の機能が弱い可能性があり、体質として閉経が早い場合もあります。

●初潮が遅かった人は、卵巣機能が弱い人が多く、閉経が早い可能性がある

●卵巣の病気(卵巣がんや、チョコレート嚢腫な、子宮内膜症ど)で、手術していると残っている卵子が少なくなっていることがあり、卵巣機能も低下しやすいことがある

●痩せ型の人のほうが、ホルモン生産量が少ないため

●喫煙者のほうが活性酸素が多いため、閉経が早い可能性がある

●ストレス、冷え性は、血流を悪くするため、卵巣を老化させる原因にもなる

 

閉経が遅い人の特徴(閉経が早い人の逆のことになります)

●出産回数が多い

 ⇒ 妊娠中は、排卵が止まるため、生理が毎月ある人ほどは卵子が減りません

●生理周期が遅い

 ⇒ 生理の回数が少ないので、排卵する回数も少ないため

●脂肪があるぽっちゃりの人のほうが、ホルモン生産量が多いといわれている

●初潮が早いと卵巣機能が良いため、閉経が遅い可能性がある

●子宮筋腫などで経血が多い人は、エストロゲンの分泌が多いことがあるので、それによって遅くなることがある

 

PCOSは更年期を遅くするわけ

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、排卵障害で、排卵しにくいという症状ですから、卵子が卵巣に残っていることが多いため、閉経が遅くなることがありますが、ただ、卵子の質が良くない場合もあります

 

PCOSが更年期を早くすることもある?

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、排卵障害のため、卵子が数個、排卵されることもあります。

そのため、1回の排卵で1個の卵子が飛び出る人よりは、卵子が減っていくことになります

 

更年期を楽しく過ごすために今からすること

実際、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だから、閉経が早くなったり遅くなったりするというのはわかっていません。

更年期に入り生活習慣病(糖尿病や高血圧など)がでること で、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状が現れる人もいるというのが、アメリカの研究であります

 

閉経の時期を気にするよりは、PCOSの症状を緩和したり、更年期障害で悩まされないように、日々の生活習慣を見直すことが大事です。

不規則な生活や、乱れた食生活は、身体にも負担になりますし、栄養のある血液が全身にいきわたりません。

栄養をしっかりと摂ることができれば、更年期などの体の不調が軽くなりますよ

pcosjittaikenreviewhanasi