妊娠糖尿病は、妊娠前に糖尿病傾向になくても、突然発症することがあります。

しかし、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状を持っていると、妊娠糖尿病になりやすいため、注意が必要になってきます。

では、妊娠糖尿病はどうして起こるのか?どんな危険なことが起きるのか?また、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)持ちの人はどのように、予防・対策をしておけばいいのかをご説明していきます。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、妊娠糖尿病になる傾向

妊娠糖尿病はどうして起こるのでしょうか?妊娠中は、いろんなトラブルが出てきますし、今まで何もなかったのに、体質が変わり突然起こることもあります

妊娠糖尿病の原因をご説明していきます。

妊娠糖尿病の原因

妊娠糖尿病は、妊婦の10人に1人の割合で発症します。

結構な確率で起こりますから注意が必要です。

妊娠糖尿病の原因

妊娠中は、胎児にも糖分を送るため、胎盤からインスリンが働くのを抑えるホルモンを分泌します。

これは通常のことで、その代り、膵臓から必要なインスリンを分泌することで母体の糖のバランスを保ちます。

しかし、インスリンが膵臓から正常に分泌されないため、血糖値が上がってしまいます。

その結果、妊娠糖尿病と診断されます。

 

妊娠中に初めてわかった糖代謝異常のことで、血糖値は高いが糖尿病と診断される手前の病気のことです

妊娠前から糖尿病であったり、明らかに妊娠中に糖尿病になった場合は、糖尿病合併妊娠となり、妊娠糖尿病とは違います

妊娠中に糖尿病になると危険

妊娠糖尿病になると、多くのリスクがともなってきます。

そのため、妊婦健診では、毎回、尿検査をし、尿糖を調べています。

めぐママの体験談

実際に、私めぐママも、尿糖が1回でたことがあります。

次の妊婦健診で尿糖が出れば、糖尿病の検査をするといわれたのですが、その1回だけで、それ以外は出ませんでした。

おそらく、妊婦健診に行く前に、あんぱんを食べたため、尿糖がでてしまったようです・・・。

それからは、妊婦健診の前は、甘いものは控えました。

このように、すぐに尿検査でわかるので、対策として、私が通院していた産婦人科では毎回妊婦検診時に尿検査をしていました

妊娠糖尿病でのリスク

妊娠糖尿病になると、母体にも胎児にも影響があり、リスクが高くなるため、とても危険です。

母体:流産、早産、妊娠高血圧症候群、羊水過多尿路感染症、

胎児:巨大児、低出生体重児、子宮内胎児死亡、先天奇形

出生後:新生児低血糖症、呼吸障害、多血症

 

妊娠糖尿病は、自覚症状があまりありません。

 

吐き気やのどが渇く、頻尿、疲れやすい、眠いといった症状が多いのですが、これは、妊娠中に起きやすいつわりや、マイナートラブルなため、妊婦だから出ている症状だと思ってしまいます。そのため、妊婦健診をして初めて、妊娠糖尿病だとわかる人がほとんです。

参考サイト:日本産科婦人科学会 【妊娠糖尿病】

妊娠糖尿病の食事メニュー

妊娠中は体重が増加しやすいため、食事の管理をすることが多いです。

それに加えて、妊娠糖尿病になれば、血糖値がすぐに上がらないような食事をしなければいけません。また、予防・対策としても気を付けなければいけません

朝・昼・晩3食の献立メニューやおやつなども考えなければいけません。その中でどのような材料を使っていけばいいのでしょうか?

控えめにする食べ物

・じゃがいもやカボチャ

・麺類(うどん、そうめん、ラーメン)

・白米、お寿司

・とんかつ、ハンバーグ、唐揚げ、天ぷら

など

炭水化物が豊富な献立メニューは控えめにし、

油ものやコレステロールが高いものも避けます

 

和食の献立メニューを作るのがいいです

おすすめ食材

葉物の野菜(小松菜、キャベツ、ホウレンソウなど)

枝豆

ナッツ類(くるみ、アーモンド)

きのこ類

海藻類

など

 

甘いものを食べるときは、白砂糖をやめ、カロリーの少ない甘味料に変えるか、甘酒やオリゴ糖などを使うと、血糖値が急激に上がることが少なくなります。

 

ただ、甘酒は、通常の飲み物としても飲みたくなりますが、米から作っていますので、飲みすぎはやはり、太ります。玄米甘酒を利用するのもいいですね。

 

こんにゃくゼリーや、スムージー、春雨スープなどもおすすめです。うどんよりそばの方が、血糖値が緩やかにあがります。

葉酸を摂取しておくと、糖尿病の合併症をおさえられるといわれています。

 

産後、糖尿病になることも

妊娠糖尿病は、妊娠が終われば、なくなることがほとんどですが、稀に、そのまま産後も糖尿病になることもあります。

それは、もともと糖尿病家系だったり、体質だったりするようです。

妊娠中だけだったので大丈夫だろうと、産後すぐに、暴飲暴食をし続けると、体に負担になります。

 

出産後、産褥期はゆっくりと過ごす必要がありますし、産後も和食のシンプルな食事を心がけましょう。 赤ちゃんの母乳育児にもいい影響がでます。

血糖値を下げる「ピニトール」配合サプリ

血糖値を下げるピニトールサプリで、妊娠糖尿病を予防してみてはいかがですか?

そもそも、ピニトールという成分を知らないと思うのですが、ピニトールは、血糖値を下げる働きがあります。

つまり、糖尿病やその傾向にある人が、ピニトールを摂取すると、血糖値が下がりやすくなります。

 

ピニトールの効果について詳しく知りたい【詳細はこちら】<<<

 

妊娠糖尿病と診断されたり、もともと糖尿病の兆候があるのであれば、ピニトールを利用するのもおすすめです。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)だと、妊娠糖尿病になる確率があがります。

 

もともとピニトールは、妊活をしている妊娠希望の女性が利用する成分です。その結果、排卵障害が緩和され、排卵しやすく妊娠しやすい体になります。

そのため、妊娠前専用(妊娠中でも飲むことができます)のピニトールですが、妊娠糖尿病が出るのであれば、ピニトールを利用することで、血糖値をさげられますから、母体も胎児も危険にさらされる確率が低くなります。

 

ピニトールは大豆製品やルイボスなどに微量に含まれていますが、これでは足りませんから、サプリメントで摂取するのが主流です。

 

植物由来のピニトール配合サプリメントですと、1日に必要なピニトールを摂取できます。妊娠糖尿病が気になるのであれば、リスクを軽減するためにも、サプリメントはおすすめです。

(植物由来ですが、気になるときは、医師に服用が可能かを相談してくださいね)

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の症状改善に妊娠前からピニトールを飲んでいて、妊娠すると、血糖値もあがりやすいため、ピニトール配合サプリを続けて飲むのもおすすめです。